なおこが行く
宮城県仙台地方振興事務所農業農村整備部の情報ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JR東北本線に「品井沼(しないぬま)」という駅があるのをご存じでしょうか。

でもこの周りには沼はありません。
では、なぜ「品井沼」という駅名なのかはてな

実は品井沼駅の北西に広がる田んぼは、昔は大きな沼だったんです驚く
「品井沼」の「シナイ」というのはアイヌ語では大きな川という意味です。
その名前のとおり、かつては東西6.5キロ、南北3キロ、
面積2,500haというとても大きな遊水池でした。
昔の品井沼

1693年(元禄6年)、仙台藩士大越喜右衛門の総指揮のもと
この沼を田んぼにして作物を作ることになりました。
でもこの沼の水をどうやって抜いたのか・・・。

[品井沼はどこへいった!?]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。