なおこが行く
宮城県仙台地方振興事務所農業農村整備部の情報ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仙台市東部にある、六・七郷堀水路にて、
「水土里ネットひがし」の主催により六・七郷堀ウォーキングが開催されました。

仙台東部エリアの田んぼの用水源である広瀬川の愛宕堰から、
排水先である貞山運河までの水の流れをたどり、
水路の様々な役割を勉強しながら水辺散策をしました。

天気がとても良くて(というか暑くバテバテでしたが・・・
ちょうどあじさいも綺麗に咲いていました。

DSCF0424_convert_20090629164309.jpg

まずは広瀬川からスタート。
いつもは入れないフェンスの扉をぬけて進んで行きます。
DSCF0425_convert_20090629164450.jpg

ここが仙台東部エリアの水の出発地点「愛宕堰」です。
DSCF0431_convert_20090629164911.jpg

この愛宕堰で広瀬川の水をせきとめして
わきにある水路へと水が流れるようにしています。

六郷堀と七郷堀の取水堰はかつて別々の場所にありました。
しかし、とても簡易なものだったので広瀬川の
増水等によって度々壊れ、用水の確保にはとても苦労していました。
また、水不足ともなれば、六郷と七郷の水争いが絶えませんでした。

このような状況の中、昭和22年にはキャサリン台風、
翌23年にはアイオン台風により2つの堰が壊滅的な被害を受け
用水の確保が困難な状況になり、農家の間に不安が広がりました。
そこで仙台市が水利計画をたてなおし、
六郷堀と七郷堀の堰を統合して今現在の場所に愛宕堰を作ったのです。

愛宕堰のすぐ下流にあるのが七郷堀の「取入樋門(とりいれひもん)」です。
DSCF0436_convert_20090629165028.jpg

明治27年に作られ、改修を重ねて現在の姿になっています。
煉瓦はその時のなごりです。時代を感じますね。

さて、ここから水はどのように運ばれていくのでしょうか?


[六・七郷掘ウォーキング開催!]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。