なおこが行く 六七郷堀の桜
宮城県仙台地方振興事務所農業農村整備部の情報ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長い冬が終わり、やっと春の季節になりました。

仙台にも桜が始めたという情報を聞き、仙台管内の桜の名所、六・七郷堀へやってきました。
(六・七郷堀の詳しい説明はこちらから。)
暖かい日が続いたこともあり、既に桜は満開。
青い空に桜が綺麗に映えていました。

IMGP3723.jpg

IMGP3720.jpg

IMGP3734.jpg

ここの桜は、昭和3年に昭和天皇ご即位記念と当町七郷村(通称西文科)が
仙台市に編入された記念に町内の有志で植樹した桜だそうです。

この写真を撮影した当日にも、ベビーカーを押したママさんや、
一眼レフを持って桜を撮影する人など、
沢山の方々が桜を見に集まってきていて、
地元の人たちにとってもこの桜は毎年の楽しみに
なっていることを感じることができました。
また、木の太さを測ってみたところ、幹の周りが3.65mもあり、
樹齢81年という時の長さを感じました。

img-4130835432.jpg

ここ、六・七郷堀では毎年、六・七郷堀ウォーキングというイベントを
仙台東土地改良区が主催となって実施しています。
広瀬川にある愛宕堰をスタートし、貞山運河までの水の流れをたどっていきます。
昨年度のイベントの様子はこちらから。

今年度は6月頃の開催を予定しています!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。