なおこが行く 転圧機械あれこれ
宮城県仙台地方振興事務所農業農村整備部の情報ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日は「人力(じんりき)タコ」についてお話しました。

今日はその続きで、転圧機械についてお話したいと思います。

一口に転圧機械と言っても種類がいっぱいありますが、
大きく分類すると「ローラ系」と「平板式」にわけられます。

ローラ系で皆さんがご存じかと思うのは、
あの有名な漫画、ジョジョの奇○な冒険第3部に登場した
ロードローラーだッ!WRYYYY!
FRFSZWa6.jpg
(スイマセン、テンション上がりました。)

ロードローラとは、地面を鉄のローラで圧して固める建設機械です。
主に、道路や基礎の建設時に、土壌、礫、コンクリート、
アスファルトなどを圧し固めるのに使われます。
ちなみに写真ではもあもあと湯気がでてますが、
アスファルト舗装をするときは、なんと、110度以上の
温度で舗装しなきゃいけないんです。あちー
なのでこんなにもあもあと湯気が立ち上がってるんですね~。

ロードローラの他にもタンピングローラタイヤローラというものがあります。

タンピングとは、荷重を加えたり衝撃や振動をあたえて締め固めることで、
タンピングローラは、ダムや飛行場など、厚い盛土の
締め固め作業に使用されます。

jKLlEYA_.jpg
kgm8aed0.jpg

タイヤローラは車輪を回転することによって締め固めを行うものです。
タイヤの空気圧を調節して転圧する時の圧力を変えることが出来る優れものですズバリ
道路を作る時の、土の転圧からアスファルトの転圧まで幅広く利用されています。

タイヤローラ12
タイヤローラ22

平板式」の転圧機械には
プレートコンパクタや、タンパと呼ばれる機械があります。

プレートコンパクタは、底についてる板が
エンジンで振動するようになっていて、
地面を振動打撃して締め固めます。

コンパクタ12

タンパは、エンジンの回転を上下運動に変えて
その力を下部についてる板に伝えて締め固めるようになってます。

タンパ22

どちらも手で持って操作をするもので、
大型機械が入れない狭い所の締め固め作業で活躍します。

PKeiPV_F.jpg

この他にも細かくわけていくと色々な種類があるんですが
あんまり細かくなりすぎちゃうのでここらへんまでにしておきますヘルメット

道路の工事は皆さんが一番身近で見ることが出来る工事だと思います。
もし工事で交通規制でひっかかってしまった時には
イライラ怒りせずに転圧機械をじっくり見てみるのも良い・・・かも!?
あ、でもよそ見運転は危ないですよ~ズバリ


3種類のブログランキングに登録中。たまにと言わず毎日クリックお願いします!
にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ
にほんブログ村
←50番位を迷走中
人気ブログランキングへ←50番位にあがってきました♪
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sendainn.blog37.fc2.com/tb.php/133-07f1dd93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。