なおこが行く 「農地整備第二班」ってどんな班?
宮城県仙台地方振興事務所農業農村整備部の情報ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はゆかいな仲間たちが書いていますdeco4b545ad75e815.gif

仙台地方振興事務所農業農村整備部には
「計画調整班」「管理指導班」「農地整備第一班」
「農地整備第二班」「水利施設保全班」があります。

今日はその中の「農地整備第二班」について,紹介します。
質問に答えてくれたのは,農地整備第二班の橋浦班長です。
今回が最後の班紹介となります。

では,突撃インタビューをしてみたいと思います!deco4b545ad75e815.gif

4T9tU.jpg
農地整備第二班の仕事内容を教えてください。
ほ場整備事業が主体となります。
具体的には,小さな田んぼや水はけが悪い田んぼを
農家の方々が耕作しやすいように水田の区画を
大きくしたり水路や農道を整備することを言います。
そして、大型機械での耕作が出来るようにしたり、
大豆などの転作が出来るようにして生産性の高いほ場に整備するものです。
(ほ場整備について詳しくは→こちら
その他,実施地区の農地集積の推進といった業務も行っています。

またまた,分からない言葉が・・・はてな
農地集積というのは何なのでしょうか?

以前に計画調整班の仕事の内容でもありましたが,
耕作する農地が散らばっていると移動するのに時間がかかったり、
転作するにも水はけが悪くうまくいかないことから、
効率的な耕作が出来るよう農地の貸し借りなどで一ヶ所に集めることです。
地域の担い手にとっては経営規模を大きくすると共に、
農地が面的にまとまっていることが重要ですので、
市町村や土地改良区、関係者のみなさんと一緒に
農地集積が進むよう取り組んでいます。

現在はどこでほ場整備をしているんですか?
仙台管内では、現在、6地区を整備しています。
亘理町の逢隈西部地区、岩沼市の玉浦中部地区、
玉浦中部2期地区、岩沼市・名取市の小川地区、
松島町の松島東部地区、土手外地区です。
詳しくは→こちら
を見て下さい。

ほ場整備する上でどんなことに注意していますか?
ほ場整備は営農に直接関わるほ場を整備し、
道路や水路の整備では利用する方々の意見を
十分聞きながら行う総合的な事業ですので、
円滑に事業が進められるように地元や関係機関と
密に情報交換をするようにしています。
また、広い範囲での工事となり環境にも影響があることから、
環境に配慮した整備を心がけています。

環境に配慮とはどんな事をしているんですか?
水路にカエルの通り道を確保するためのお助け工や
魚の住みかを確保するために魚巣工など整備しています。
また、子供達が環境学習の場として利用し易いように
ビオトープも整備する予定としています。
詳しくは→こちら
を見て下さい。

環境学習の場ということですが、今までにどんな事をしてますか?
ほ場整備後の魚類の生息状況を確認するため、
地元小学生や地域の住民とともに水路の生き物調査を実施しております。
生き物調査をとおして地域住民の環境に対する意識が育まれ、
現在では今度、生き物調査をいつするの等の問い合わせがくるようになっています。


忙しい中質問に答えていただまして
橋浦班長,ありがとうございました!


今回で班紹介は最後となりましたが,皆様
各班でどんなことをしているかなんとなく
分かっていただけたでしょうか?

今後も各班で行っている事を
少しづつ紹介していきますので,
期待して待っていて下さい!deco4b545ad75e815.gif



3種類のブログランキングに登録中。たまにと言わず毎日クリックお願いします!
にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ
にほんブログ村
←50番位を迷走中
人気ブログランキングへ←50番位にあがってきました♪
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sendainn.blog37.fc2.com/tb.php/183-9aa25c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。