なおこが行く 液状化現象
宮城県仙台地方振興事務所農業農村整備部の情報ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、さっぱりNNらしいことを書いていなかったので
今日は頑張って真面目な土木系記事を書いてみようと思いますヘルメット

今回の大震災で一番被害があったのは津波被害ですが、
千葉等の埋め立て地では液状化による被害が大きかったです。

今回の地震に限らず、これまでも
「液状化現象」という言葉を聞いたことがあると思いますめがね

液状化現象とは、
地震の際に地下水位の高い砂地盤が、振動により液体状になる現象。

えー、なんで振動すると液体になるのさ、と思いますよね。

地盤は粒子同士がくっついた状態になっているけれど、
揺れることにより粒子がばらばらになり、
粒子の間にあった水が砂と一緒に噴出してくるらしい。
rqPc2.jpg
って、こんな感じのイラストとともに
紹介してくれるんですが・・・
みなさんこれで納得してるんですかね!?

揺さぶられて、くっついてた粒子がバラバラになるのは
なんとなく理解できる。
で、ばらばらになると水が噴き出すの?なんで~?
比重が軽い水が上に来て、土が下に沈むからかなぁ。

でもいまいちイメージがわかないなーと思っていると
身近なところでの経験を思い出しましたよ!

それは、小学校の頃の校庭での出来事。
校長先生の長ーい話しの時。
足元を見ると昨日の雨により適度に湿った土。
こんな時、みなさんやりませんでしたか?
0AtYX.jpg
足で土をトントントントンとすると、ぷにょぷにょしてきて
チョコレートクリームのような美味しそうな状態に・・・。

これまさにプチ液状化現象ズバリ
どうですか?イメージがわいたでしょうか?
こんな風に、同じ物質でも振動を加えることによって
状態が大きく変わってくるんですねぇ。
余計わかりにくくなったらすいません汗3

この液状化現象、対策工法を施してあれば防ぐことができます。
家を建てる時には地盤をしっかりと確認しておきたいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。