なおこが行く セルドウの作り方をご紹介します
宮城県仙台地方振興事務所農業農村整備部の情報ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、セルドウというものをご存じですか?
セルドウというのは、魚をとるための道具です。

先日南小泉小学校で行われた生き物調査でも使いましたが、
これは、ペットボトルで簡単に作ることができます。

今日はそのセルドウの作り方をご紹介します。

このご時世に嬉しいことに、材料費は殆どかかりません
準備するものは、

大きめのペットボトル
ひも(丈夫なものが良いです)3m位
ビニールテープ
重り(石等なんでも良いです。タイルが扱いやすくてオススメ)
その他、はさみやきり等


QdImIQt8.jpg

1.大きめのペットボトルを3つに切ります。一番上の部分は
小さすぎると魚が入らず、大きすぎると魚に逃げられてしまうので適度な大きさで。

2.ペットボトルの底4箇所と、ドウの入り口3箇所にキリなどで穴をあける。

3.ドウの入り口の穴にひもを通して縛る。
魚を出し入れするので2箇所はほどきやすく結ぶ。
3箇所のうちの一つは長いひもをしっかりと結ぶ。
ビニールテープで重りを固定させる。
※魚に傷が付かないように重りは外側に固定してください。

これでできあがりです!
あとは、中にネリエサを入れて、入り口を下流に向けて約30分待つだけ。
ひもは流されないように地上で固定させてください。

v_SLY2jn.jpg

是非、家の近くの水路等で何がとれるかためしてみてください!
案外めだかなんかがいるかもしれないですよ

NiFTwRnH.jpg

人気ブログランキングへブログランキングに登録中。たまにクリックお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。