なおこが行く 手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから
宮城県仙台地方振興事務所農業農村整備部の情報ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月ももうすぐ終わり。
月日が流れるのは本当に早いですねぇ。歳をとるごとに・・・(遠い目)もやもや

さて、今日は今週末から始まるイベントをご紹介したいと思います!

5月31日(土曜日)~7月27日(日曜日)
宮城県美術館で「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」が開催されます。

今や日本発の文化として世界的に受け入れられているマンガの歴史は、
マンガを開拓した手塚治虫と、それを育て上げた宮城県登米市出身の
石ノ森章太郎の存在を抜きに語ることはできません!
「鉄腕アトム」や「ブラック・ジャック」、
「サイボーグ009」や「仮面ライダー」など
両マンガ家の代表作の原画や映像作品、また二人のマンガの影響を
受けて育ったクリエイターたちのオマージュ作品を通して、
「マンガのちから」の本質に迫ります。


■開館時間/9時30分~17時(発券は16時30分まで)
■休館日/毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌平日)
■場所/宮城県美術館 展示室3・4
■観覧料/( )内は20名以上の団体料金
一般 1,200円(1,100円)
学生 1,000円(900円)
小・中学生・高校生 600(500)円


20140514104813.jpg

夏に向けて外へのお出かけが増えてきますが
梅雨な6月は美術館に足を運んでみるのはいかがでしょうか雨

その他仙台管内のイベント情報はこちら→クリック
宮城県のイベント情報はこちらでチェック→クリック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。