なおこが行く 80%の農地が作付け可能になりました!
宮城県仙台地方振興事務所農業農村整備部の情報ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完全な復興まではまだまだと言われている復興計画ですが、
毎日確実に復興は進んでいます。

そして、農地・農業用施設の災害復旧に関しては
実はかなり進んできているのですが、なかなかニュースには
出てこないのでご紹介したいと思います!

震災後、農地の復旧対策が必要な面積は約13,000ha(国直轄を除く)でしたが、
そのうちの、約90%にあたる11,692haで復旧工事が行われました。
そして平成26年度4月末時点で、
全体の約80%、10,351haの工事が完了しています。

農業用施設(排水機場)は47施設で被害をうけましたが、
そのうちの44施設の工事が行われました。
平成26年4月時点では32施設の工事が完了していて、
本復旧、応急復旧により9割の排水能力を回復しています。

今年の農業農村整備事業の予算は震災以降最大となっていて、
工事のピークを迎えています。
今年の仙台のNNは、3分の1の職員が、
県外から応援に来てくれている人たちです。
北は北海道から南はなんと、本州を離れ高知県から来てくれています!
総勢約100人で宮城県の復興に向けて頑張っています! 
そして何より、こんなにも復興が進んでいるのは
地元の皆さんの協力があってこそだと思います。

まだ復旧が終わっていない地域も、
平成29年度の完了を目指して頑張っています。

20140708103957.jpg

もちろん、地域によってはなかなか復興が進まず
歯がゆい思いされている方々も沢山いるので
数字だけを見て手放しに喜ぶことは出来ないとは思っていますが、
着実に復興は進んでいることをお知らせしたいと思い
この記事を書かせていただきました。

いつか、全ての地域で農業が出来るようになることを願って
そして、震災前よりも、もっと良い農業が出来ることを願って


宮城県の農業農村の復旧・復興への取り組みを記録した
『みやぎの農業農村復旧復興の概要~復旧から再生へ~』
『みやぎの農業農村復旧復興のあゆみ~復旧から再生へ~』
も発行されていますのでどうぞご覧ください→クリック

宮城県全体の復興の進捗状況はこちらで確認することができます。
復興の進捗状況
1ヶ月おきに更新されていますのでどうぞご覧ください。

次回以降はもっと詳しい仙台管内の復興についてお話ししたいと思います!



3種類のブログランキングに登録中。たまにと言わず毎日クリックお願いします!
にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。