なおこが行く 1反とか1町とか・・・
宮城県仙台地方振興事務所農業農村整備部の情報ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
田んぼの広さを表現する時みなさんはどの単位を使いますか?

いや、農家以外の人が田んぼの広さの話しをすることなんて
まず滅多に無いとは思いますが、そこはおいといて。

私は、広さの単位と言えばm2(平方メートル)が普通でした。


が・・・


どうやらこの世界m2という単位はあまり使わないようです。

工事の発注の際に使う単位は「ha」(ヘクタール)です。

1ha=10,000m2

ちなみに今行っているほ場整備で作る田んぼの1枚の広さは1haが基本です。
ここまでは結構あっさり覚えられたのですが
仕事をしているともっと他の単位も出てきます。

a(アール)です。

工事費を出したりする時に、10aあたりの金額を算出したりします。
なぜ10a!?
というか1aって何m2?何ha!?
と最初の頃は頭を悩ませていました。

1aは100m2です。
なので10aは1,000m2です。
この10aはだいたい1反(たん)と同じ面積。
昔の水田は1反を標準として耕地整理をしたので、
その名残から10aが今でも使われているようです。

他にも(せ)や(ちょう)という単位もあります。
地元のかたと話しているとこういう単位がぽんぽん出てきます。

10畝=1反=約1,000m2
10反=1町=約10,000m2

秒→分→時間とかの単位換算すら苦手だった私は
色々な単位が出てくるたびにオロオロしていました。

EqroIM38.jpg

今はもう慣れましたが・・・。

皆さんは単位換算できますか!?


2種類のブログランキングに登録中。たまにクリックお願いします!
←50番位を迷走中
人気ブログランキングへ←最近100番以内で好調です♪
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sendainn.blog37.fc2.com/tb.php/36-a29cd1f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。