なおこが行く ほ場整備って何?
宮城県仙台地方振興事務所農業農村整備部の情報ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えー、26日の日記に書きましたむすび丸人気投票。
無事に勝ち抜きまして・・・今度は準決勝突入です!
471kwAmK.jpg

投票は29日(土)11:00まで。
1日1回投票できます!
むすび丸、むすび丸に清き一票を!こちらをクリック

と、ここらで本題に入りたいと思います。

皆さん「ほ場整備事業」ってどんなことをするか知ってますか?
このブログでも「ほ場整備」という言葉をあたり前のように使ってきましたが
今更ですが、ほ場整備とはいったい何?という説明をしたいと思います。

ほ場整備事業の今の呼び方は
「経営体育成基盤整備事業」と言います。
が、長くて覚えにくいので、ここでは「ほ場整備」と呼びたいと思います。

y96VkyrA.jpg

この「ほ場整備」。どんなものかと言うと・・・

ズバリ、田んぼの条里制です。
条里制…遠い昔に聞いたことあるけどなんだっけ?という人は
こっそり上の大きい条里制の文字をクリックしてみよう。


具体的には、田んぼの大きさを大きくしたり、
道路の幅を広くしたり、排水路を深くして
水はけをよくしたりします。

はたして、それによってどんなメリットがあるのでしょうか?

田んぼの大きさが大きくなると・・・
機械の切り返しの回数が少なくて済むので
作業時間が短くなります。

5c0SckX1.jpg

道路の幅が広くなると・・・
車のすれ違いもできるようになるので
目的の場所まで遠回りする必要もなくなるし
大型の機械が通れるようになるので
大きい機械での作業が出来るようになります。

水路が深くなって排水が良くなると・・・
作業の効率が良くなるし
お米以外の作物も作れるようになります。
P7180354_convert_20090811173222.jpg
(これが先日話した転作ですね!)

また、最近は高齢化により農作業をするのが大変だったり、
後継ぎがいなくて農作業を続けるのが難しいという人が増えてきています。
そこで、農地を貸したり、作業を他の人にお願いしたりするようになるのですが、
小さい田んぼだと作業効率が悪いので
なかなか借り手が見つからなかったりします。
大きな田んぼだと作業がしやすいので
田んぼを貸したり、作業をお願いしやすくなります。
これで農地が荒れてしまうこともありません。

また、ほ場整備前は個人の田んぼがあちこちに散らばっていたのを
ほ場整備を機会に1箇所にあつめたりします。
これを「農地の集団化」と言います。
田んぼと田んぼの移動時間が少なくなるので
さらに作業効率をあげることができます。

このように、農作業を今以上にしやすくするために
ほ場整備を行うんです。

ざーーーっと説明してしまいましたが、
なんとなくわかっていただけたでしょうか??

仙台管内では今、岩沼市や亘理町等でほ場整備工事を行っています。
もし、ほ場整備工事を見かけたら、
今日のこの記事を思い出してもらえたら嬉しいです


2種類のブログランキングに登録中。たまにクリックお願いします!
←50番位を迷走中
人気ブログランキングへ←最近100番以内で好調です♪
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sendainn.blog37.fc2.com/tb.php/40-409c9e17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。