なおこが行く 盛土と切土
宮城県仙台地方振興事務所農業農村整備部の情報ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お盆期間中、東名高速道路の補修工事のことが
ニュースで流れていましたが、その中で
なるほどと思ったことがあったので今日はそのことを書きます。

東名高速道路の補修工事の方法ですが
あれは、土砂が崩落してしまった部分に、
盛土(もりど)をして、矢板で土留めをするというものでした。
※もし最終的に違う工法でやってたらスイマセン。
私が見た時のニュースではそう言ってました。


ニュースではその「盛土(もりど)」について
「盛土とは~」と説明していました。

仕事で普通に使ってる「盛土」という言葉でしたが
改めてニュースで「盛土とは」なんて説明されるとなんか変な感じでしたが
確かに普通は「盛土」なんて言葉使わないよな~と思いました。

そこで、今日はそんな「盛土」について話そうと思います。

盛土というのは、
簡単に言えば、土を盛ることです。
そのまんまじゃん!って感じですが
本当にそのまんまなんです。

たとえば、地面が斜めのところに建物をたてる時、
地面を平らにするために土を盛りますよね。
こういうのを盛土って言います。

斜めじゃなくても、
ただ地面の高さを高くするために
土を盛ることも、盛土です。

J77J7Dox.jpg

また、その盛る行為だけでなく、
盛る土そのものを盛土と呼んでいます。

同じようなので「築堤(ちくてい)」というのもあります。

道路や線路をつくるために土を盛ることを
築堤と言ったりしますが、これを盛土と言っても通じます。

盛土は、土を盛っただけ(もちろん転圧はします)なので
元の地面より土が軟らかいので注意が必要です。

「盛土」の他には「切土(きりど)」というのもあります。

切土は、盛土の逆の言葉で
高い地盤や、斜面を切り取ったり、
周りよりも地面を低く掘り下げたりすることを切り土と言います。
その切り取った土そのもののことも切土といいます。

盛土と切土、なかなか普段の生活では使わないと思いますが
家を建てる時とかに、
「盛土部分の下の地盤は大丈夫なんですか。どんな土使うんですか?」
なんて言うと「ぬ。この人、知ってる人だ」と思われるかも?(笑)

GWBGTYKc.jpg

特に、造成団地のような所だと、キレイに整備されてしまっているので
どこが切土か、どこが盛土かなんて見ただけでは全くわからないですよね。
中には、もともと田んぼだったりする所もあったりします。
キレイに見える団地でも地盤が弱いところがある可能性もあるので
家を買うときは、家そのものだけじゃなく
地盤がどうなっているのか、もし地盤が弱いなら
どんな対策工法をしているのか確認して買いたいですね

2種類のブログランキングに登録中。たまにクリックお願いします!
←50番位を迷走中
人気ブログランキングへ←最近100番以内で好調です♪
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sendainn.blog37.fc2.com/tb.php/41-52d4409f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。