なおこが行く ブラックバスで有名!?田中ため池に行ってきました
宮城県仙台地方振興事務所農業農村整備部の情報ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、柴田町と岩沼市の境あたりにある「田中ため池」に行ってきました。
IMGP3947_convert_20090518134649.jpg

このため池は調査によりため池から水が漏れてしまっていることがわかったので
今年から測量設計をして今後、工事をすることになっています。
昨年度までは計画調整班で計画を行っていましたが
これから工事に入るということで、担当の農地整備第1班へ業務の引継ぎをしました。
(各班の業務分担はこちらから)

無事に引継ぎが終了しまして、ほっと一息です。

ところで、このため池、今までも何度か現地調査に行っていますが、
ため池に行くと、よく釣りをしている人に出会います。
釣り好きの人はご存知かもしれませんが、ここは、ブラックバスで有名なため池らしいです。
平成19年にため池の生き物調査を行ったのですが
そのときも沢山のブラックバスが生息してることがわかりました。
そして他の生物は殆どいない・・というような状況でした。
(その時の生き物調査の様子はこちらから)
以前ため池の水を抜いた時には沢山の魚がいたという地元のかたの話ですが
やはりブラックバスに食べられてしまったのでしょうか
田中ため池の水はとてもきれいで、この日もバスが泳いでるのが見えました。
IMGP3942_convert_2009518133947.jpg

バサー等と呼ばれ、愛好家も多いブラックバスですが、
ブラックバスが他の魚を沢山食べてしまい、在来種が減っていることから
(ブラックバスが在来種に与える影響については賛否両論ありますが)
環境省は、生態系に関わる被害および農林水産業に関わる被害があるとして、
ブラックバスを特定外来生物に指定し、防除を行っています。
輸入、飼養、運搬、移殖を禁止されていますので、
バスをため池に放流したりしないようにお願いします。
今回の田中ため池の工事でも、
ブラックバスの駆除を実施する予定になっています。
田中ため池にも昔の生態系が戻ってくるのでしょうか。

ちなみに、ブラックバスは魚なのでもちろん食べれます。
ブラックバスは臭くて食用には向かないイメージがありますが
臭い部分は皮の部分なので、皮を剥いでしまえば淡泊な味の白身魚で美味しいらしいです。
私は食べたことないですけど・・・
TfkyfiKF.jpg

ところで今回現地に行った際に、
ため池に行く道路の途中にあるお蕎麦屋さん「花いかだ」に行きました。
IMGP3929_convert_20090518131327.jpg
お昼時ということもあってか、沢山のお客さんがいました。
お店の前には池があって、お魚もいました。
IMGP3930_convert_20090518133145.jpg
IMGP3932_convert_20090518133709.jpg
最初、鯉かな?と思いましたが、なんと金魚だそうです。
しかも餌をあげていないのにここまで大きくなったのだとか。
たくましい金魚です!

お店の中も花が飾られていたり、とても雰囲気が良いです。
IMGP3928_convert_20090518125946.jpg
メニューは色々ありますが、まずは蕎麦のそのままの味を楽しもうと思い、
せいろそばの十割蕎麦(二八蕎麦もあります)をいただきました。
IMGP3927_convert_20090518125547.jpg
とってもしっかりした歯ごたえあるお蕎麦で美味しかったです!
細麺なので、硬いお蕎麦は苦手・・・という方にも良さそうです。

近くを通ったさいは是非お立ち寄りくさだいませ♪

★お店のデータ★
住所 宮城県柴田郡柴田町大字富沢字猪倉26-46
電話番号 0224-56-2531
営業時間 11:00~15:30(LO)
定休日 木曜
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。