なおこが行く
宮城県仙台地方振興事務所農業農村整備部の情報ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日ご紹介した「県営かんがい排水事業牛橋地区」の排水路は
「鋼矢板護岸」(こうやいたごがん)という構造ですと書きましたが…
水路の種類は他にも色々あります。

大まかに分けると、
土水路
ブロック護岸
コンクリート水路
矢板護岸です。
他にも種類はありますが今回は
NNの現場でよく採用されるこの4つをご紹介します。
(NNって何?という方はこちら→クリック

水路の種類は、その現場の土の状況や
地下水位の状況等によって決めていきます。

いちばん地盤がしっかりしている場合に採用されるのが「土水路」です。
土水路はその名の通り、土で出来た水路です。
子供の頃砂場で水を流すために穴を掘ったりしましたよね。
20140612095114のコピー
まさにあれが、土水路です。
でももちろんあんな適当に掘って、はい、できあがり~!ではありませんどうも
NNの事業で作る土水路の基本の形はこんな感じ。
20140611140003.jpg
土がむき出しの状態ですが、地盤がしっかりしているので
水が流れても崩れてきません
作ったばっかりの時は土の状態ですが、時間がたつと
草がはえてくるのでさらに崩れにくくなります。
ただし、土水路の場合、草刈りをする面積が多く、
他の水路に比べて維持管理が大変になります。
なので、地元の皆さんの協力無しには出来ないことなのですが、
宮城県では地元の皆さんの意見を聴いて土水路で出来る所は
土水路で作るようにしています。
最近は、維持管理が大変なので護岸することが多くなっています。

土水路では崩れてきてしまう場合には
ブロック護岸」や「コンクリート水路」等が検討されます。

ブロック護岸」は皆さんあまり馴染みがないかと思います。
土水路のような形に掘った上に「平板ブロック」という製品を
敷いて土が崩れるのを防ぐものです。
20140611140015のコピー
ただし、ブロック護岸を貼り付けるために
法面(のりめん)を緩やかにしなければなりません。
水路の幅が広くなるので、
水路の敷地が広くとれない場所には適していません。

コンクリート水路」は皆さん一番馴染みがあると思います。
道路の脇にある雨水を流すための水路もコンクリート水路です。
NNの排水路の基本はこんな形です。
20140611140028-1.jpg
維持管理もしやすく、施工も簡単なので
NNのほ場整備ではこのコンクリート水路が一番多く使われています。
(コンクリート水路の作り方は以前ご紹介した「イカタコ!」の記事をご覧ください!)
小さな排水路の場合は「コンクリート水路」が使われることが多いです。

大きな排水路の場合は経済性の面から「ブロック護岸」がまず第一に考えられますが
水路幅が足りない場合、施工が難しい場合等に「コンクリート水路」が採用されます。

土水路もダメ、ブロック護岸もダメ、コンクリート水路も無理~!汗3
と、なった時に多く採用されるのが、「矢板護岸」です。
これは、県営かんがい排水事業牛橋地区で使用した方法ですが、
この地区は土が砂地で、地下水位が高いのが特徴でした。
砂地なので、水路を掘ってもすぐ崩れてきてしまううえに、
地下水位が高く、水路を掘ると、すぐに水がたまってきてしまうので、
他の工法のように、先に穴を掘って製品を並べるという方法が難しい状況でした。
そこで、矢板を打ってから水路を掘るという「矢板護岸」を採用しました。
20140611140038のコピー

次回は牛橋地区の「鋼矢板護岸」の施工方法を詳しくご紹介したいと思います!

今回紹介した水路の種類の選び方の例では、
土の状態と、地下水位の高さなどの条件で説明しましたが
実際の現場では、その他に水の速さの関係や、地元の状況、
環境配慮の観点など様々なことを考えて行われます。
また、今回ご紹介したのは、排水路の場合です。
用水路の場合はまた違う種類になりますのでお間違えのないように!

次回もお楽しみに~ハート



3種類のブログランキングに登録中。たまにと言わず毎日クリックお願いします!
にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
宮城県の農業・農村は、東日本大震災の津波等により甚大な被害を受けましたが、
平成24年度を東日本大震災からの「復興元年」と位置付け、
農業・農村においても、28都道県からピークで64名の
農業土木技術職員の派遣を受けながら、本格的な復旧・復興を行っています。

宮城県では、こうした支援に対する感謝とともに、
支援県等全国の皆様に対し、現在の宮城県の復旧・復興状況や
地元の派遣職員の活躍などを情報発信するため、
「みやぎの農業・農村復旧・復興パネル展」を全国リレー形式で開催します。

20140701132525.jpg

お近くで開催される際は是非足を運んでみてください!

みやぎの農業・農村復旧復興パネル展「全国リレー開催」スケジュール

北海道 平成26年 7月28日~ 7月30日 
         道庁 1階道政広報コーナー特設展示会場 札幌市中央区北3条西6丁目
宮崎県 平成26年 8月 4日~ 8月11日
         県庁 1階展示コーナー 宮崎市橘通東2-10-1
熊本県 平成26年 8月11日~ 8月18日
         県庁 新館1階ロビー 熊本市水前寺6-18-1
三重県 平成26年 8月18日~ 8月22日
         県庁 1階県民ロビー 津市広明町13
福井県 平成26年 8月25日~ 8月29日
         AOSSA 1階アトリウム 福井市手寄1丁目4
群馬県 平成26年 8月28日~ 9月 3日
         県庁 1階県民ホール 前橋市大手町1-1-1
青森県 平成26年 9月 1日~ 9月 5日
         県庁 北棟1階ロビー 青森市長島一丁目1-1
島根県 平成26年10月 1日~ 9月13日
         県庁 玄関ホール展示スペース 松江市殿町1
岐阜県 平成26年10月25日~10月26日
         県庁 岐阜市薮田南2−1−1
兵庫県 平成27年 1月13日~ 1月16日
         県庁 1階通路 神戸市中央区下山手通5-10-1
鹿児島県 平成27年 2月10 日~ 2月16日
         県庁 18階展望ロビー 鹿児島市鴨池新町10-1


3種類のブログランキングに登録中。たまにと言わず毎日クリックお願いします!
にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
先日紹介した「県営かんがい排水事業牛橋地区」で
牛橋排水機場を新しく作りましたが、その東側の
太平洋に注ぐ部分を牛橋河口と呼んでいます。

大きな地図で見る
この牛橋河口の周辺にはちょっと珍しい生き物がいるので
ご紹介したいと思います。

環境省が出している、「レッドデータブック」というものがあります。
これは、絶滅するおそれのある野生生物をとりまとめたもので、
植物、鳥類、は虫類両生類など、様々な種類が書かれています。

そのレッドデータブックの中で
「絶滅危惧Ⅱ類 Vulnerable(VU)」絶滅の危険が増大している種
として掲載されている「コアジサシ」が牛橋河口から
その北側にある鳥の海周辺で確認されています。

コアジサシはカモメ科の渡り鳥で、
東南アジア・オーストラリアなどで越冬して
日本には夏鳥として渡来して繁殖しています。

コアジサシ写真のコピー

牛橋地区よりもさらに海側にある
横須賀地区ではコアジサシの繁殖期の工事を避けたり
騒音対策をするなどの配慮をして工事を行いました。

震災後も渡り鳥たちは日本に来てくれていて、
2011年は海岸利用が減ったことから沢山の雛鳥が飛び立っていきました。
しかしその後、海岸線で工事が行われている影響や
釣り等で海岸を訪れた人が砂浜に車両を乗入れて
巣が壊れてしまったりすることが多発していて、
繁殖数がとても少なくなっています涙

コアジサシの渡来期間は7月から8月です。
ちょうどこれからコアジサシがやってくる時期ですが、
繁殖期の親鳥は、人間と一緒でマタニティーブルーになるらしいです!
ナーバスになっていますので、
どうぞ遠くからそっと見守ってあげてくださいハート

20140618130947.jpg

空を見上げればもしかしたら元気に飛ぶ姿が見れるかも・・・


3種類のブログランキングに登録中。たまにと言わず毎日クリックお願いします!
にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
先日、「県営かんがい排水事業」についてお話しました。

どんな事業だったか覚えてますかはてな

農地に水を供給したり、排水するための施設を
これまで以上に使いやすく、管理しやすく、もっともっと
営農がしやすいようにするために、改良していく事業

でしたね。

この事業、仙台地方振興事務所では
山元町の「牛橋地区」と、亘理町の「柴鳥地区」の
2地区で現在工事が行われていますヘルメット

今回は山元町の「牛橋地区」についてご紹介しようと思います。

牛橋地区の場所はこちら。


大きな地図で見る
(地図のポインタは新しい牛橋排水機場を示しています)

亘理町と山元町の町境付近で
常磐自動車道山元インターの東側になります。
ちなみに、以前紹介した横須賀地区の防潮樋門
この事業で作る牛橋排水機場のその先の海岸沿いにあります。
覚えてますかね~?
須賀という地域の横にあるから「横須賀地区」と名付けられた
冗談のような真面目なお話し。(笑)

この地域はお米の他にもいちごの栽培が盛んな地域ですが
海沿いで、海と高さがほとんど同じなので、排水がうまくいかず、
大雨の時にはいちごハウスが水浸しになっしまうことがありました。

それを解消するために、排水路や排水機場を新しくする工事を
平成8年から続けてきました。
そしてその工事がなんとなんと、今年度完了するのです!
実に19年の歳月!!

今まで、牛橋左岸排水路に水を集めて旧牛橋排水機場から
海に水を排水していたのですが、
今回牛橋右岸排水路を新しく作り、新しく作った牛橋排水機場
左岸側と右岸側の両方の排水路で
ピンクで塗ってあるエリアの水を集めて排水することになります。

20140602130007.jpg
※JR常磐線は現在新しい位置で復旧中ですが
わかりやすいように、あえて震災前の位置で描いています。


排水路は、鋼矢板護岸(こうやいたごがん)という構造の排水路。
全部で約2キロの排水路を作りました。
海が近いので地下水位が高く、施工した業者さんは
私たちにはわからない苦労もあったと思います。
また、地域住民の皆さんにも協力していただき、
本年度完了を迎えることが出来そうです。

この工事に関わった全ての皆さんに感謝の気持ちをこめて、
本当にありがとうございました!

今後、山元町が復興にむけてどんどん元気になることを願っています。

ところで、排水路を鋼矢板護岸したとと言われても・・・
どんなものかピンとこないですよね?
簡単に言うと鋼の矢板で作った護岸ってそのままなんですが・・・

次回以降は矢板護岸など、水路の種類についてもお話しようと思います!
こんにちは、なおこです。

私が今いる班は、仙台地方振興事務所の水利施設保全班というところです。

以前各班のお仕事紹介をしたのでご存じかもしれませんが
うちの班で行っている一番大きな事業が
「県営かんがい排水事業」という事業です。

今日はこの県営かんがい排水事業についてお話しようと思います。

20140526100603.jpg

「県営かんがい排水事業」と言っても
なんだか難しそうでよくわからないと思うので
少しずつかみ砕いていくと・・・

まず、「県営」というのは、県で管理、運営しているという意味です。
県営住宅とか、市営住宅とかよく聞きますが、これは
県で管理しているか、市で管理しているかの違いですね。
なので、「県営○○事業」というのは、県で管理、運営している事業ということです。
んじゃ、「国営」もあるの?と思うかもしれませんが・・・

あります!ズバリ
「国営かんがい排水事業」もあります。
それは国で実施している事業になります。

さて、つぎに「かんがい排水」について。
農業農村に詳しい人は説明しなくとも知ってて当たり前~かもしれませんが
「かんがい」って聞き慣れない言葉ですよね。

「かんがい」とは、田んぼや畑等の農地に人工的に水を供給することをいいます。

「排水」は皆さんもよく耳にすると思います。
不要な水を排出することで、「生活排水」なんてよく聞きますよね。
それと同じで、農業の場合は「農業排水」と言います。

なので「かんがい排水」とは、
農地に水を供給したり、使い終わった水を流したりすることを言います。

つまり!!
「県営かんがい排水事業」とは、
農地に水を供給したり、排水するための施設を
これまで以上に使いやすく、管理しやすく、もっともっと
営農がしやすいようにするために、改良していく事業。
それを県が実施している、ということなんです。

すっきり!しましたかね??はてな

ちなみに、農地に水を供給したり、排水するための施設というのは、
用水路、排水路、揚水機場、排水機場等のことをいいます。

次回以降は我が班で行っている地区について
具体的にご紹介出来たらな~と思っています。

お楽しみに!!音譜



3種類のブログランキングに登録中。たまにと言わず毎日クリックお願いします!
にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
もうだいぶ前になりますが
塩竈の浦戸諸島についてお話したのを覚えてますでしょうか→クリック
今日はその浦戸諸島の中の寒風沢島のメダカのお話をしたいと思います。

塩竈の浦戸諸島は松島湾に浮かぶ島々。
そのうちのひとつ、寒風沢島も3.11の大震災で大きな被害をうけ、
そこにいたメダカも全滅したと思われていました。

が・・・!

平成24年からお米を作っている田んぼの脇の土水路で
メダカが元気に泳いでいる姿が確認されました!deco4b545ad75e815.gif

震災から3年が経過し、完全な復興はまだまだですが、
小さな所で自然が戻りつつあるんですね。
田んぼが出来た、水路が出来た、施設が出来た、
こういう復興はわかりやすいですが、メダカたちも
目立たない所で頑張っているのでした。

今、仙台地方振興事務所のNN部ではこのメダカの一部を保護中。
(NN部って何?という方はこちらをどうぞ→クリック

_LSXhxPKf1sNuN_1400047293_1400048358.jpg

しかも、2代目が生まれて家族が増えました!

DpJL_MnYd6KWORp1400049474_1400050473.jpg

NN部においでの際はぜひ水槽を覗いてメダカ達にエールを送ってください♪

1mjIOd9HyTDVj8U1400031314_1400034969.jpg



3種類のブログランキングに登録中。たまにと言わず毎日クリックお願いします!
にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
5月ももうすぐ終わり。
月日が流れるのは本当に早いですねぇ。歳をとるごとに・・・(遠い目)もやもや

さて、今日は今週末から始まるイベントをご紹介したいと思います!

5月31日(土曜日)~7月27日(日曜日)
宮城県美術館で「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」が開催されます。

今や日本発の文化として世界的に受け入れられているマンガの歴史は、
マンガを開拓した手塚治虫と、それを育て上げた宮城県登米市出身の
石ノ森章太郎の存在を抜きに語ることはできません!
「鉄腕アトム」や「ブラック・ジャック」、
「サイボーグ009」や「仮面ライダー」など
両マンガ家の代表作の原画や映像作品、また二人のマンガの影響を
受けて育ったクリエイターたちのオマージュ作品を通して、
「マンガのちから」の本質に迫ります。


■開館時間/9時30分~17時(発券は16時30分まで)
■休館日/毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌平日)
■場所/宮城県美術館 展示室3・4
■観覧料/( )内は20名以上の団体料金
一般 1,200円(1,100円)
学生 1,000円(900円)
小・中学生・高校生 600(500)円


20140514104813.jpg

夏に向けて外へのお出かけが増えてきますが
梅雨な6月は美術館に足を運んでみるのはいかがでしょうか雨

その他仙台管内のイベント情報はこちら→クリック
宮城県のイベント情報はこちらでチェック→クリック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。